<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
チドリカルテットのライブに遊びに行ってきたよ
昨日は、長町びすた〜りにて、チドリカルテットのワンマンを観てきました!

チドリとは約一年ぶりの再会!やなせななちゃんの東京REC以来でした。

相変わらず素晴らしかったなぁ〜!


途中、2曲飛び入りで参加させていただいちゃいました。
歴史ある木造建築に響き渡るチドリ節!生の弦の調べ。何とも贅沢でした。ベーゼンドルファーのピアノを弾きながら、チドリとの再会の喜びと、音楽をできる喜びをかみしめた時間でした。

声かけてくれた景ちゃんはじめチドリのみんな、ありがとう!!!
生音を生かしたヒロさんPAも、とても良かったなぁ〜!






ベーゼン。この、黒鍵が、、なんとも言えない可愛さ。いいなぁベーゼン。
- | comments(0) | -
HEATWAVE 40th Anniversary TOUR2019 仙台公演を見て。

ようやく落ち着いてきた最近でした。

気がついたら冬がやって来て、もうすぐそこ。

大空に列をなし飛ぶ白鳥の群れも見ました。今年も遠い国から来たのか、お帰りなさい、と。

昨日は久しぶりに、ライブに、行って来れました。

HEATWAVEの40thの記念ツアー、仙台JUNK BOXにて。

山口洋さんのライブはよく観に行ってましたし、7月のMIX UP & BLENDでも佐山ちゃんとOAをやらせていただいた、あのプレシャスな時間は昨日のことのようです。

HEATWAVEのライブを見たのは7年ぶりでした。福島っこ音楽祭に、来てくれた、あの時以来だったのです。

もう本当に本当に素晴らしかった。。

3ピースになってからのHEATWAVEライブは、初めてだったけど、度肝を抜かれた、というか。その、進化、深化に。

2012年のツアーに、帯同させていただいたこと、宝物のような体験でした。圭一さんがバンドを離れたのは、1ファンとしては、寂しい気持ちがあります。でも、またそれぞれ、新しい道を歩んで来られたのだなぁ、と。池畑さんも、魚さんも、ヒロシさんも、あの時も凄すぎたのに、さらに、さらに、さらに進化している・・・というか、もっとガツンとした骨太のロックサウンドを想像していたのです。昨日のライブが始まるまでは。

でも、3ピースのHEATWAVEは、骨太で繊細で、センシティブで、ものすごくクリエイティブで。あぁ、自分の語彙力が足りない。ものすごく、カッコ良くて。その背中が、眩しくて。

最高に楽しかったのでした。

3人の、一体感。バンドって素敵だなぁ。常に、相手がどう出てくるかを、ちゃんと、待っている。音楽で会話する、うたう。池畑さんのドラム、シェイカー、魚さんのオルガンやシンセ、アコーディオン、ヒロシさんのギター、ハーモニカ、歌。アンサンブルが、胸に波のように迫ってくる。あれ?これってベースレスなんだった。全く感じさせない懐の広さ。サウンドの鮮やかなこと。

そして。PAをつとめていたヒロさん含め、4人の、一体感というか。

近年、セッションを重ね、高松、長野、そしてこの仙台、3カ所を一緒に作り上げて来た、4人の、阿吽の呼吸というか。何かそういったものさえ、感じて、何度も鳥肌が立ったのでした。

照明もとてもきれいだった。

なんて素敵なんだろう。

そして、会場のスタッフさんや、smokeさん、VORZ BARの皆さん、そば食堂やぶ信さん、皆さんの、HEATWAVE愛を感じ、あぁ、愛だなぁ、と。

ヒートする客席、わたしも夢中でした。

台風以来、ちょっと・・・。音楽を聴きたい気持ちになかなかなれなくて。

聴きたいと思えるようになってからも、片付けが忙しく、ライブにも行けない日々が続いていたけど、昨日、ようやくライブ復帰。

HEATWAVEを仙台で、見にいけて本当に良かった。

あんなライブが仙台で見られる奇跡!!!!!!!

MCのヒロシさんの言葉に、歴史を、そしてここから続く未来を感じた夜でした。

オープニングのコータローさんの呼び込みもまさかのサプライズ!!!!!で、もうほんとに素敵な時間だったなぁ。。。

また、仙台に、来て下さいね、兄さんたち。

結成、40周年、本当に、おめでとうございます。

眩しすぎる、背中です。

妹の家に預けた子どもを迎えに、急ぎ足で会場を後にしました。

心が少し、軽くなっていました。

- | comments(0) | -
みずほ発表会
今日は、地元の相馬市立飯豊小学校の、学習発表会へお呼ばれして、行って来ました。
上の娘も連れて、行ってきました。



毎年見せていただいていますが、今年も素晴らしかった!
一年生から六年生まで、一生懸命。すてきです。
娘は六年生の劇中披露された縄跳びに刺激を受けていた様子。

子ども達の頑張る様子に、元気を貰いました^^
- | comments(0) | -
寒くなってきました
気がついたら11月になっていましたね。
家のなか、車庫などはだいぶ、すっきりしたので(といっても畳が入らないと家ってこんなに、寒いんだなぁと。。クリーニングも、まだ。)こないだの三連休でまたきょうだい集まって今度は外の泥かきを重点的に頑張りました。2回目の浸水から9日だったけど、もう乾いていて外側はパキパキ。川が氾濫した泥水というのは、濡れていても乾いていてもチョコレートみたいだなと思った。


慣れない力仕事に、くたくたでしたが、片付いてくる充実感もありました。








無事だった父のレコード。

昨日は母の誕生日でした。お母さん誕生日おめでとう。誕生日に、ようやく罹災証明の手続きに行った、母でした。
どたばたの誕生日になっちゃったけど、いつの間にか今年もあと2ヵ月をきっている。お正月は母にゆっくりしてもらえるといいなぁ。。
- | comments(0) | -
思いがけない再会と

昨日は地元相馬市と新地町の合同の小中学校の音楽祭「相新音楽祭」でした。

今年もお招きいただき、行ってきました。

毎年、各学校の小学5年生を中心に、子供たちが練習の成果を発表する音楽祭。

今年は、台風19号と21号の被害で開催を迷われたとのことでしたが、楽しみにしていた子供たちのために、先生方、関係者の皆様が開催に踏み切ったそうです。大変だったろうと思います。

福島県立相馬支援学校の皆さんが、来年から校舎が南相馬市鹿島区に新しく移転するということで、今年が最後の参加となったそうです。

みんな一生懸命、気持ちがこもったステージでした。。素晴らしかった。

思えば、自分も、13日以来、3週間ぶりに聴いた、音楽の生演奏でした。

そして思いがけない、再会がありました。

開会式を待つ間、控室で、若い先生に話しかけられました。

「わたし、『スマイル』で、『卒業』を一緒に歌いました。当時磯部中の3年生でした。」と。。。

2011年のあの夏、磯部中で「スマイル」のレコーディングを共にしたS君が、いま、なんと、小学校の先生になって相馬に戻ってきていたのでした。。

もう何だかわたし。。感激で。嬉しかったなぁT_T。。。

あの震災を乗り越えたあなただからこそ、今を生きる生徒さんたちに伝えられることが、きっと、たくさん、ある。

がんばって下さいね。

そして、話しかけて来てくれて、本当に、ありがとうございます。

忘れられない音楽祭となりました。

おうちが被災した子どもたちも多く、まだまだ、大変な日々が続くと思います。でも、参加した子どもたちの心の中に、きっと、思い出の1ページとして、残っていくのだろうなぁと。

閉会の言葉を聞きながら、じんわり思いました。

子供たちの歌声や演奏が、心の奥に、あたたかく、灯っています。

- | comments(0) | -
明日は相新音楽祭
日々妹と交代で片付けに通う。

ニュースを落ち着いて見られないので詳しくはわからないけれど、千葉や関東、東北、長野、各地の甚大な被害に胸が痛い。
子どもが小さいので、泊まりがけでがっつり片付けに行けないのが悩み。でも、親戚やまわりの方々がたくさん助けてくださって、ありがたくて本当に…。

今朝の河北新報朝刊。


相馬も建物の四分の1が浸水したと…。
そのうち600戸は、二度の浸水被害に遭ったと…。うち以外にもそんなにたくさん、被害に遭っていたのかと愕然とする。


息子さんと車で避難中だった女性が亡くなった。とても、悲しい。。


あしたは、相馬市と新地町の小中学生の音楽祭「相新音楽祭」がある。今年もお呼ばれしたので、行ってこようと思う。
子ども達の演奏が、楽しみです。
- | comments(0) | -
浸水、ふたたび。
神さまがもしいるのなら、自分は試されているのかなぁ。

この災害にも意味があるのだろうか。

25日の大雨で、また故郷相馬に浸水被害がありました。深夜また母と連絡を取り合っていましたが、「だめだ、また水が入ってきた…」と21時半頃に。今回は、12日より酷かった。水の流れも早かったようで、水位も高かった。こないだの台風で側溝の泥がたまっているせいなのかな…

この2週間、母と三姉妹家族ちから合わせてまわりの皆さんにたくさん助けていただいて頑張って来れたけど、まさか、ようやく少し片付けが落ち着いてきたかなというところで、まさか、また床上浸水するなんて…せめて悪夢なら良かったのになぁ。

泣きたい気持ちはグッとこらえて上を向く。

頑張らなきゃ。

自分を奮い立たせるが、つい何日か前にようやく綺麗にした場所をまた泥が覆っていた。頑張る、大丈夫、そんな言葉がむなしく感じた。


本当言うとさ。
いやになっちゃうね。

でも、がんばろう。がんばろうね、ひとつひとつ。

冬が近づいている。

お年寄りのご家庭は泥かき作業にさぞ困っているのではないだろうか。。小さな子どもがいる家庭も、子どもをみながらの片付けはどんなにか大変だろう。みんな、頑張りすぎてからだ壊さないようにね…。1回目のときはまだ笑って作業出来た。2回目の浸水は、きついね。。

ご近所や知人もみんな被災している。でも、実家の片付けで手一杯で手伝いに行けない。もどかしく悲しく、でもまずは実家をどうにかせねば。


今回は一階全部が床上5cmくらい浸水したので、ピアノアクセサリーは水没したけど、p-80本体は無事だった。アップライトピアノを去年、仙台の家に移しておいて本当に良かった。。




綺麗にしたばかりだったのにー。泣。


再びの床下から水を汲み出す。ところから。

こないだは自家用車が水没したけど、今回はゴミ出しのために知人にお借りていた車を水没させてしまいました。。。あぁ。。


今回もまわりのみなさんにたくさん助けていただき、本当に…感謝の気持ちでいっぱいです。
- | comments(0) | -
| 1/182PAGES | >>