<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
制作を終えて。

ライナーノーツ後記。

 

今日、仙台にあるタワーレコードに行って来た。

友人が新譜を出したのでそれをゲットしたかったのと、自分のアルバムもあるかなぁ〜って。笑。

そしたら、何と言う偶然。たまたま店内でファンの方に声をかけられた。

その方は、今はお仕事でフィリピンに住んでいて、今回帰国の際にアルバムを出る事も知っていたので、今日買いに来たんです、と。

フィリピンで、よく「ふるさとサイレン」聴いてます、って。

嬉しくてありがたくて、何と言ったらいいか。ありがとうございます。と何度も言って別れた。

 

 

わたしはとても恵まれているんだと思う。

夢に夢をみていた、まだデビューもしていなかった10代の頃。

いろいろな出会いが重なって幸運にもデビュー出来た20代のあの頃。

この年になってまだ歌っている自分を想像出来ていただろうか。たぶん、想像出来ていなかった。

目の前にあることを必死で追いかけ続けてた。

ただ音楽が好きで、ここまでやってきて、今も続けているけど、正直、別のかたちで音楽と携わって行く道を真剣に考えた事は何度もあって、ほんとうのことを言えば、今も心の中には常に迷いがある。

それでも今も自分で歌い続けているのは、震災からの出来事が、自分にとってはとても大きい。

そして、新譜を楽しみに待っていてくれる人がいるって事が、何よりの力なのです。

まわりの愛ある人たちが、背中を押してくれるのも、本当にありがたい。

 

毎回、1枚1枚、特にアルバムは、これが最後かもしれない、という気持ちで全力で作って来たけど

今回、今、この作品が作れたことに、とてもホッとしています。

 

スローペースな自分の歩みをいつも待っていて下さる皆へ。

心からのありがとうを。

このアルバムが、皆の日常がより楽しくなる為の、ライフ上のBGMになってくれたら、こんなに嬉しいことはありません。

そして、浅田信一さんを始め、関わってくれた製作陣全ての皆へ、心からのリスペクトと感謝を。

 

一瞬のきらめきと共に消えてゆく 時間旅行をしているかのようなわたし達。

確かなものなど、あるようで、ない。

それは過ぎ去ってみればきっと泡のような日々。

それだからこそ輝く、愛すべきうたかたの日々を わたし達は生きている。

 

 

うたかたの日々ライナーノーツ | comments(3) | -
うたかたの日々 その9星明かりのこもりうた

ついに最終夜まで来ました。

最後は、書き下ろしの「星明かりのこもりうた」について。

 

 

“星明かりのこもりうた”

 

今回のレコーディングのプリプロの段階で、浅田さんから提案をいただいたのが『こもりうた』でした。聴いてみたいな、もし作れそうならイメージしてみて下さい、とアドバイスいただいて、自然とあぁ、これはイメージ出来るな、作れそうだな…と。で、レコーディングが始まるわりと直前になってしまいましたが、書き下ろしました。

この曲は、わたしの中で、“おやすみの為のこもりうた”でもあるし、“お別れのこもりうた”でもあります。でも、いつまでもそばにいるよ、また逢おうね、って。

 

実は幻のピアノ弾き語りverと、アカペラverとがあって、最後までどっちにするか皆で迷ったんですが、アカペラverが収録されました。リプライズのピアノは、スタジオ中ぽろぽろ弾いていたら、その感じいいから、ちょっと1テイクちょうだい。と浅田さんに言われて、そのまままわしてもらったもの。あの時の空気感がそのまま閉じ込められている感じがして、とても気に入っています。

歌入れは自分的にちょっと難しかったです。でも、浅田さんのディレクションのおかげで、大事に歌い切ることが出来ました。

 

 

あしたは、レコーディングを終えての感想を、記そうと思います。

9日間、読んで下さって、ありがとう!

 

 

うたかたの日々ライナーノーツ | comments(0) | -
うたかたの日々 その8茜色の空

七夕ですね^^

 

今日は更新が遅くなってしまいました。

“茜色の空”についてのセルフライナーノーツです。

 

 

“茜色の空”

この曲はもともとは去年1月にOAになった福島テレビの特番(福島県出身のマラソンランナー・故円谷幸吉さんをテーマにした番組でした)のためにかきおろした1曲でした。故郷や愛する人のためにただひたむきに走り続けた孤高のランナー円谷さんの人生を番組を通じて追いかけていくうちに、彼のひたむきな姿が、今この時代を一生懸命生きる人たちの姿と重なって見えたんですね。

生きていると悲喜こもごも色んな出来事や壁に出くわして、大人になると、あぁ、今本当に辛いな…って思うこと、たくさんありますよね。でもそんなときこそまわりを見回してみて下さい。あなたは決して一人じゃないんだということ。うつむいた顔を上げて、空を見上げて欲しいな。もうちょっと、前に踏み出してみませんか。そんなメッセージを込めました。故郷福島の人へ、そしてこんな時代をひたむきに頑張るすべての人へ捧げるナンバー。

浅田さんのアレンジが素晴らしいの一言でした。初めて仮アレンジのdemoをいただいて聴いたとき、この曲のもつメッセージを理解してくれているのがわかって、色んな想いがこみ上げて来ました。こんな時、音楽をやっていて本当に良かったな、っていう気持ちになります。なんだか涙が出ました。レコーディング本チャンでも、この曲は何度かみんなでせーので合わせて、すぐにOKテイクとなりました。気持ちが入って、ピアノも早かったかな。和声くんのバイオリンのみ、セッションデータでのやり取りとなったんですけど、彼の旋律がまた素晴らしかった。みんなの渾身の演奏にありがとうと言いたいです。渡辺さんの感動的なmixにも、感謝です。

歌入れも、この曲は納得の行く歌を歌う事が出来ました。司くん、ヒロさん、浅田さん、素晴らしいセッションをありがとうございました。

この曲が、たくさんの人に、届きますように。

 

 

いよいよ明日でセルフライナーノーツ9曲め。

では、では、今日はこの辺で、おやすみなさい☆

 

うたかたの日々ライナーノーツ | comments(0) | -
うたかたの日々 その7あなたとの未来

何とか第七夜まで来ました。

 

いよいよリリースが明日となりましたが、そろそろ聴きながらこれを見てくれている人もいるのかな?

拙い文章ですが、これを読んでもらうことで、アルバムをさらに楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

今日、アルバムのダイジェストムービーも公開になりました。

レコーディング中のスナップphoto集となりますが、是非見てみて下さいね^^

 

今日は7曲め、“あなたとの未来”について。

 

 

“あなたとの未来”

オープニングがピアノとトイピアノのユニゾンで始まるこの曲は、もとは6年くらい前にかいた曲だったんだけど、震災後に歌詞が少しずつ変わって行きました。ここ2、3年くらい、某CMソングでもCMバージョンが流れているので、宮城の人は聴いたことあるって方も多いかもしれませんね。

「ありふれた日常がいかに愛おしくて大切で、でも実はそれって当たり前じゃないんだ」というメッセージを、デビュー当時から変わらず描いてきたように思うけれど、震災でそれをいやというほど実感して。きっと震災以降、皆ひとりひとりそれぞれが、色んなことを考えたと思うんです。わたし自身も色んなことを経て来た。今、あらためてこういうかたちでこの曲を届けられたことがとても嬉しい。

プリプロの段階で、普遍的すぎるメッセージが、ちょっと歌詞としてもう一歩かなぁ?と、悩んだんですが、浅田さんが「この曲はアレンジも含め、淡々とした感じが感動を呼ぶ気がします」と言ってくれて、えー?そんなこともあるのかなぁ?なるほど。と、ちょっと目から鱗のような感じで。浅田さんにおまかせして、すごく素敵な仕上がりになりました。岡田くんのbongoがとっても象徴的で、良くて。今回のアルバムって、別録りして1本ずつ重ねていくとか全くしていなくて、基本、どの曲も皆揃ってせーので録ってますけど、(これはとても贅沢なこと。感謝です。)この曲は特に、それが良かったんだなぁと。皆が織りなしてくれる全体のグルーヴ感が、気持ち良くて、ピアノを弾いていてもとても幸せでした。

ウーリッツァーやグロッケンは浅田さんの私物のものをお借りして、これも弾くのがとても楽しかったです。

サビと間奏でユニゾンしてくれている浅田さんの心地よい歌声にも注目です♪

 

 

今日はこの辺で。

またあした〜!

 

うたかたの日々ライナーノーツ | comments(1) | -
うたかたの日々 その6カプチーノ

“カプチーノ”

 

 

この曲は20代の頃に書いた曲で、これもM2線香花火同様、選曲会議で今までもれていた曲で、今回浅田さんがすくいあげてくれました。

かいた当時は完全にフィクションで、実はあんまり好きになれなかった曲だったんだけど、あれから10年経って、今すごくしっくり来ています。不思議、こんなことあるんだなー。今だからこんなふうに歌に感情を吹き込めたのかも、と、レコーディングを終えてみて妙に納得したというか。浅田さんのアレンジのおかげで、すごくカッコいい大人の恋愛ソングになりました。プリプロでギターのワウを入れてくれた時、最初は意外だったんだけどこれがものすごいハマってて。雨粒みたいなドラムのリムショットの音と、ベースのフレーズもすごく雰囲気があって。さらに、浅田さんのアイディアでRhodesの音色をnord stageからエフェクターをかけてそれをギターアンプにつないで録ったんですけど、これがめちゃくちゃ面白かった。トレモロかけたりフェーズかけたり、ギタリストみたいなことが鍵盤でも出来るんだ〜!ってすごく新鮮で。普段わたし、ピアノ音色かエレピ音色くらいしか使わないから、これを機に色々試してみようかなぁって、すごく勉強になりました。愛機のnordちゃんもこんなふうに使ってもらえて喜んでたと思う。

ヒロさんが叩いてくれたタンバリンもいい味出してます。宮本さんのセピア色なmixも聴きどころです^^

 

 

お借りしたエフェクター。

 

 

夏樹くんと浅田さんが色んな調節をしてくれました。いやー楽しかったこれ

 

 

 

東京RECは連日深夜まで。帰りは娘ちゃんとばぁばの待つホテルまでホテホテと、幸せな余韻の中帰った日々でした。

 

 

うたかたの日々ライナーノーツ | comments(1) | -
うたかたの日々 その5ゆき虫

今日は、「ゆき虫」について。

 

 

 

“ゆき虫”

この曲はライブで一時期けっこうやっていた曲で、今回浅田さんのアレンジでせつなさに磨きがかかりました。夏樹くんのスチールギター。千秋さんのちょっともの言いたげなベース。浅田さんのアコギの音色と、入れてくれたオープニングのピアノのフレーズはまるで氷みたいな冬の音色だなぁと。coziさんの、メロディに寄り添ってくれてるようなドラム。そして浮遊感が心地よい渡辺さんのmix.

目を閉じると景色が見える、そんな仕上がりになりました。今回のアルバムの中でもすごく気に入っています。

歌詞の世界観はまるで雪虫のようにはかない恋の歌なんですけど、その雪虫を知らないって人がけっこう多くて、東北出身のわたしなんかは、もうびっくりで。笑。REC中に静かにこの話題で盛り上がりました。笑

雪虫って、福島なんかでは、冬のはじめにどこからともなくあらわれる、おしりにわたを付けたみたいな小さな虫で、飛んでいるところが雪みたいに見えるんです。雪虫が出て来ると、もうすぐ雪が降るね、って。でもいつのまにかいなくなっちゃう。

いつか消えるってわかっているものほど、愛おしく感じてしまう。

そんな恋のおはなし。

 

 

では、では、今夜はこの辺で。

 

 

うたかたの日々ライナーノーツ | comments(1) | -
うたかたの日々 その4手紙

今日は日付が変わる前の、セルフライナーノーツ第四夜です。

 

7月に入ってようやく東北も夏らしくなってきたのかな。蒸します。

でも4曲めのこの曲は、ある、晩秋にかきました。

 

 

“手紙”

およそ6年前の秋に、最愛の父が他界しました。混乱の中だったのであまりもう覚えていません。お葬式も終わって、色々あって実家にしばらくいました。あまりに泣くと涙も枯れるようで、でもふとした時に思い出すとまた涙はどこからかやって来るのでした。

東北の とある小さな町の

秋が終わり、冬が始まる前のわずかな、木漏れ日の光と、枯れた草花のにおいと、鳥の声。

そんな残像の中、したためた手紙です。

 

千秋さんのウッドベースと、夏樹くんのアコギが、まるで寄り添ってくれるようです。

浅田さんが、みんなが、わたしの描きたいように、描かせてくれた、これは、父への手紙です。

 

 

では、では、またあした。

 

うたかたの日々ライナーノーツ | comments(1) | -
うたかたの日々 その3今日は寝てしまおう

セルフライナーノーツ、第三夜まで来ました。やった!!!



カルピスメロン味を飲みながら夜更かししてますが、メロン度がすごい。





“今日は寝てしまおう”



ここまで生活感をあえて出した曲って今まで作ったことないと思います。





約3年前に出産を経験しました。子どもは可愛いんだけど、もともと器用じゃない事も手伝って、子育てで自分の時間が全くと言っていいくらい取れなくなりました。授乳で常時寝不足だし辛くて、、家事は山積みで…でも誰にも話せなくて…という毎日を送っていた頃がありました。終わりのないトンネルみたいでした。1年くらい経ってからかな。新聞で“today”という、作者不詳のまま世界にひろがったという詩を読んで涙が止まらなくなりました。日本では伊藤比呂美さんという方が訳してらっしゃいます。検索してみてね。素敵な詩を届けてくれた顔も知らない作者さんへ…心から、リスペクト。ありがとう、あなたの詩にわたしは救われました。



「お母さん」は誰よりも朝早く起きて、お料理は上手で、家事もこなして、お片づけも上手で、不平不満なんて言わなくて…そんな理想のお母さんに、ならなきゃいけないって無意識のうちに思っていたんだと気づいた。それは知らず知らずのうちに自分をどんどん追い込んで、苦しめていたんだと思います。でも、完璧にならなくて良いんじゃないかなって、このことをきっかけに、少しずつ、思えるようになった。





いつか曲にしたいな、って、手帳に書き留めておいた「今日は寝てしまおう〜」っていうフレーズがあって。そこから、曲をひろげていきました。



人間誰しも、頑張らなきゃいけない頑張り時はあるけど、「今日は寝てしまおう〜」って気分転換も必要なんじゃないかな。大丈夫だよ、大丈夫。



頑張るあなたに捧げる1曲です。



最初はバラードだったんだけど、軽快にアップテンポにしました。



レコーディングでは、浅田さんに見守ってもらう中、千秋さんと夏樹くんとその場のセッションで作り上げて行った感じが大きかったです。気分が高揚していくとわたしはパッセージが変わったりするんですが(自分勝手なんですよ。。。)それに見事にふたりともついて来てくれました。感謝。。さすがの一言です。



力んでいたのを、浅田さんにもっと力を抜いてみたらとアドバイスもらったのも大きかったです。特に歌入れは、歌詞を大事に、『ことば』として歌うことの大切さを教えてもらいました。



宮本さんがグランドピアノをわざとアップライトっぽく録ってくれたのも、聴きどころです^^お部屋感を見事に出してくれています♪

この曲をこのアルバムに入れることをOKしてくれた、浅田さんとヒロさんに感謝。そして、わたしの家族にも、ありがとう。







今日は少し長くなりました。



ではでは、明日へ続く〜♪おやすみなさい!




うたかたの日々ライナーノーツ | comments(2) | -
うたかたの日々 その2線香花火

おっと危ない、二日目にして更新せずに眠るところでした!

まだ習慣になってないことってだめね。苦笑。

今日から相馬にちょっと帰省しています。明日は新地町の保育園に、ちょっとあるプレゼントを届けに行くのだ。

 

さて、さて、うたかたの日々 セルフライナーノーツその2

 

“線香花火”

この曲の前身は実は25歳の頃に書いたモチーフで、何となく今までの選曲会議でもれてしまっていたんだけど、今回浅田さんがすくいあげてくれました。「こんな良い曲どうして今までリリースしなかったの?」とまで言っていただけて感無量…でした。歌詞は2016年版に所々書き直しています。

浅田Pがドラマティックにアレンジして下さって、夏の胸キュンソングに仕上がっています。浅田さんがプリプロの段階で入れてくれていたグロッケンの音を、今回KORG torinityの音源で差し替えさせてもらったんですが、これが楽しかった。胸キュンっぷりに輪をかけてくれていますね。REC中音源の話をしていて、今はシンセ音源だとけっこうPC内の内蔵音源を使う事も多いよね〜みたいな話をしてて、そうだよなぁ時代だなぁ〜としみじみ。

歌入れで入れたサビのchoも浅田さんのアイディアなんだけど、これがすごい楽しかったです。そんなところにも注目して聴いてみて下さいね♪

廣瀬くん(nicoten)の踊るようなベース、夏樹くんのエレキ、浅田さんのアコギ、programming、coziさんのスッと真ん中で支えてくれているドラム、どれをとっても夏の煌めき☆ミ

宮本さんの素晴らしいmixもお楽しみ下さい^^♪

 

 

では、では、今夜もおやすみなさい、良い夢を♪

明日に続く〜

 

うたかたの日々ライナーノーツ | comments(3) | -
うたかたの日々 その1Worldcommunication

こんばんは。

 

ニューアルバム「うたかたの日々」リリースまで、ちょうど1週間となりました。

メルマガでもうぶちゃんがちらっと書いてくれてましたけど、今日から、1曲ずつ自分なりの曲に関する思いとか、あらまし?とか、制作秘話?とか、書いて行こうと思います。毎日更新目標だけど、毎日出来なかったらごめんね。

 

“Worldcommunication”

 

ちょっとお洒落なコード使いのシティポップスみたいな曲が欲しくて、コード感から作って行ったのがこの曲。

AメロのコードE♭7に対してAのメロを当てるのが個人的なツボで、作った日は嬉しくてほくほくしてました。笑。

ちょっと大人になった恋愛を描いた歌詞の世界観になってますが、「これまでいた世界」から「新しい世界」へと打ち破って上昇していく高揚感は恋愛に限らず、人生の壁を打ち破ってこうよ、というか、そういうイメージです。

デモの段階で浅田さんが『鳥の羽ばたき』をイメージするようなドラムモチーフを入れてくれて、わたしからは何も言ってないのに浅田さんすごい!!!と、デモを聴いた日は興奮しました。笑

千秋さんの歌うようなベースとcoziさんのタイトなドラム、夏樹くんのギターも本当に素晴らしく、曲に色づけをしてくれました。

エンジニア宮本さんの録り音の素晴らしさもさる事ながら、エンジニア渡辺さんのmixでさらにカッコ良さに磨きがかかって、大満足な1曲です。

 

 

明日に続く〜

うたかたの日々ライナーノーツ | comments(0) | -
| 1/1PAGES |