without friends

8月が終わり、今日から9月。

夜には虫の音が聞こえるようになりましたね。

台風9号、心配だな。被害がありませんように。

 

今日は「へやおと・夏 2020」のもう1曲「without friends」について。

この曲は3月の「へやおと・春」RECの時に一緒に録ったテイクです。

 

ここ1年ちょっと、トリオ編成でライブをしています。

パーカッションに、アコギに、ピアノが基本。

この3人編成を生かす、この3人のサウンドならではって曲が欲しくてかいたのがこのwithout friend.です。

ゆーやくんもきくちさんも、ブルースが好きだし得意なんですよね。わたしは若い頃ブルースはあまり聴いてこなかったけど、

始めたばかりの去年は、なんとなくキャロルキングをアレンジの参考によく聴いていました。

リスペクトを込めて。

 

かき始めたとき、“若き日の憂鬱”的なものがテーマでした。

得体の知れない、不安。

心を許せる友とのつながり。

 

今は携帯電話やsnsなどで、すぐに連絡を取ろうと思えば取れる時代なんだけど、年齢を重ねていくと、生活も人それぞれになっていく。仲が良かった友人とも、気づけばきっかけがないとなかなか連絡を取らなくなったりしませんか。

全国のともだち。子育てしていると気軽に会いには行けないし、なかなか会えなくなりました。

まして、今、コロナで、思うように大事な人に会えないことも増えて。

 

でも、落ち込んだ時、判断に迷った時などは、友達にきいて欲しくなる。

なんてことないおしゃべりをしたくなる。

今どうしてるかなぁ、元気かな、って

会いに行きたくなる。

 

そんな気持ちを歌った歌です。

 

メンバーも、曲をすぐ理解してくれて、これはライブリハの段階から割とかたちが見えていた。

ライブで定番の曲になりつつもありました。

そのせいか、今回、案外サクッと録れました。

クリックを使わないで(!)3人でせーの、で録りました。

わたし、クリックを使わないで録るって初めてでしたが、呼吸を合わせるというか、すごく楽しかったです。

LIVERECな感じですよね。

普段LIVEでやっている感じをそのまま、ふきこむことが出来ました。

間奏の、歌からギターにバトンタッチする感じ、すごく気に入っています。

きくちさんのパーカッションは歌に本当に寄り添ってくれるので、素晴らしいな、と。

ゆーやくんのフレーズも、すごく良いよね。

 

そして、せーので録るには、3人がベストな演奏を同時にしなければいけないので、ヒロさんの「今のテイク良かったよ!」というジャッジがとてもありがたかったです。

録り音も、さすがのクオリティ。

 

歌入れに関して記しておくと、

これに関しても、歌は自分の中で、これ、というのがあって、スムーズに、自然体で歌えたのが嬉しかった。

 

近年の自分の曲は、自分が歌う場合、この辺の声色にしたい、というイメージで曲のキーを意識して下げているんですが、今回の2曲は、このキーで正解だった気がする。拝啓〜は、今までライブでやっていたのよりDからC♯へ下げています。

 

 

そして、2曲録り終えて、ヒロさんがmixしてくれた後、ミックスチェック最終確認を4人でやりました。どーちさんも見守ってくれて。

これも、とてもうれしかったです。

 

自分の作品だけど、みんなのおかげで形にすることができる。

本当にありがたいし、嬉しいし、みんなで色々言いあえることも、とってもハッピーです。

感謝の気持ちでいっぱいになるのです。

 

ちょっと長くなりました。読んでくれてありがとう!

2020 夏の終わりに

日差しはまだ強いけど、秋めいてきました。

乾き始めた風の匂いと、高くなっていく空と。

 

子供達の小学校と幼稚園が始まり、ひと息ついています。

 

「拝啓、POPMUSIC」について書こうかな。

 

突然ですが、あなたにとってのスター、は、誰ですか?

 

これは、「わたしのポップスター」への思いをかいた曲です。みんなにとってのポップスターは、誰かな?と、思いながら。

もともと、去年5月のオール新曲ワンマンのために書き下ろした1曲で、(もうとても前のことのように感じる。。)ワンマンライブの1ヶ月くらい前に、作った新曲のラインナップを聴いてもらったヒロさんから“もうあと1曲、ポップなのが欲しいね!”とアドバイスをもらったのがきっかけ。

久しぶりにとびきりPOPなのかいてみようかな、というところからのスタートでした。

 

聴いていただけるとわかると思うのだけど、尊敬するミュージシャンの先輩たちへのリスペクトを込めて詞を書いています。アレンジにも散りばめています。きくちさんがブログに書いてくれてたけど、自分にとっての、みんなにとってのポップスターって誰だろう?そんな気持ちでフィルやおかずを入れてくれたみたいで、嬉しいな^^ゆーやくんも彼なりに研究してくれて、いろいろなテイストでギターフレーズを重ねてくれました!

















きくちさんドラム録りを後方から見守るわたしたち。





 

ゆーやくん、後半はアーモンドチョコ食べながら。

 

 

リハを重ねて4人で突き詰めていく作業も楽しかった。コロナでライブはまだ出来ずにいますが、(でもそろそろやりたい。。)定期的にリハに入って、練るには良い時間でしたし、より呼吸が揃ったと思います。

 

 

 

最初はピアノ、ドラム、ギターの予定だったんだけど、欲しいところに重ねていったらやはりベースも欲しくなり、ヒロさんがいい感じに入れてくれましたし、アイディアも貰いました。全体のサウンドについてはヒロさんが制作ノートをブログに書いてくれています、こちらもぜひ読んでね。

 

自分的今回の『へやおと』シリーズの聴きどころのひとつは、オケを録ったその日に、歌も入れてしまうところ。

ライブで歌い込んでいたせいか、この曲のテイクは2本しか歌いませんでした。あ、バランス各所見るのに試しに歌ったのを入れて3本かな。ほんとだよ。without friendsの歌もそうでした。2テイク。だから、自然なんじゃないかなぁ。基本、あまりつないでないから。

若い頃の自分にはとても出来なかったと思う。というか、つるっと録ったテイクじゃとても使えなかったと思う。いま、つるっと歌える自分がちょっと嬉しい。もちろん、つくりこむのも好きです。どちらも、良さがあります。

そういった意味でも、ライブ盤に近い作り方の、この、『へやおと』シリーズです。いつも以上に、一音入魂、です。

ヒロさんが心地よい、いい音で録ってくれました。あらためてリスペクト。

 

盤面がとてもかわいいです。ちゃーこさん、すてきなデザイン、ありがとうございました・・・♪

ジャケットの封筒は、前回に引き続き、相馬の工房もくもくさんにお願いしています。

今回はクリームソーダのような、南国の海のような、そんな色の封筒を作ってくれました。今回も、まず和紙を作るところから、1から皆さんで、手作業で作って下さっています。

 

 













ありがとうございました・・・!

 

 

 

録音は今回も、きくちさんのお店「そば食堂やぶ信」さんでさせていただきました。冷やしとり蕎麦美味しいよ・・・




ぜひ食べに行ってみてね^^

最終的なミックスチェックを、VORZ BARでやらせてもらいました。音楽好きが集まる、女性がひとりでも気軽に飲みに行けるホッとするバーだよ。どーちさんとまっつさんに会いに、ぜひ飲みに行ってみてね^^


先日ゲストでお邪魔したオープンマイク。堀下トリオでカバーを2曲演奏しました!

VORZBARオープンマイクは隔週火曜日だよー♪

 

 

 

支えてくれるみんなへ、感謝の気持ちで、いっぱいです。

 

夏が終わりに近づいてきたけど、ぜひ、ヘビロテで聴いて欲しいな・・・♪

 

 

近々、without friendsについても、書きます・・・♪

へやおと・夏 2020 今日、発売日♪

毎日とても暑い!ですね。体調崩したりしていませんか?

「へやおと・夏 2020」今日、発売です!!!



ご予約くれた皆さんのもとには、もう届いたかな?!^^

続々感想を、ありがとうございます!!!

早くライブでもお届けしたいなぁ。。

楽しい夏のお供に。

ぜひ、聴いてもらえたら、嬉しいです♪

歌詞をインスタにアップしていきます。良かったら、あわせて見てくださいね^^

きくちさんがRECのことをブログに書いてくれています。こちらもぜひ!

1