<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 土曜日も!げっきんチェック^o^♪ | main |
「ちょっとだけ」

ずーっとライブに来てくれている女性のファンの方がいらっしゃいます。

もう12年くらいかなぁ。

最初、彼女はたしか大学生で。

そして、ここ何年かで、ご結婚され、お母さんになられました。

その彼女から、事務所を通じて、わたしのところに、あるプレゼントが贈られて来ました。

この絵本。

瀧村 有子さん作、鈴木 永子さん絵

「ちょっとだけ」

びっくりしました。

だってだって、わたしも本屋さんで立ち読みして、思わず涙して、3歳半になる娘に買って来たものと全く同じ絵本だったのです。

この「ちょっとだけ」は…赤ちゃんが生まれて、お姉ちゃんになった『なっちゃん』が、ママは赤ちゃんのお世話で忙しいから…お姉ちゃんなんだから自分でやれるよ…と、色んなことを頑張るお話。それまでママにしてもらっていた色んなことを、自分でやろうとするんだけど、『なっちゃん』だってまだまだ小さくて、小さいのに、こんなに我慢して…と、なんだか泣けて来るストーリーです。

わたしがこの絵本を買ったのは長男が生まれる前の事だったので、当時、あぁこんなに上の娘に我慢させなきゃいけないのかな…酷だな…とお母ちゃんは涙が止まらなかったんですね。

こんなふうになってねと言いたいわけじゃないんだけど、お姉ちゃんになるってこういうことなんだよね、っていうのを娘に自然と理解してもらうのに良いかもなぁ、と思って買った一冊でした。

そしたら、同じ本を、彼女が選んで、送ってくれたんですね。

ものすごく嬉しかったのです。

Kさん、ありがとう。

大切に読み聞かせしています。娘もお気に入りの一冊なんですよ。

そして、Kさんも、二児の母になったと同封されていたお手紙で知りました。

ほんとうにおめでとうございます^^

自分の時間などなかなかとれない赤ちゃん中心の日々だと思いますが、からだをいたわって、笑顔でいっぱいの毎日を送って下さいね。わたしもがんばります。

娘が幼稚園に行くようになったので、息子くんがわりかし寝てくれるAMは時間がとれるようになってきたさゆり母ちゃんでした^e^

もうすぐGWですね。

楽しいGWを過ごしてね!

- | comments(4) | -
コメント
堀下さん、ご丁寧にブログで紹介してくださいまして、嬉しいやら、恥ずかしいやらです。
大好きな堀下さんに手にとっていただけたなんて。考える度にドキドキしています。
思い返せば12年程前、遠くからライブ覗いてドキドキしていました。
あの頃から、私にとって永遠の憧れです♪
今日も私なりに育児奮闘しました。さてさて、寝てしまお―!!!
| KAORI | 2017/05/28 9:24 PM |
社会人になって貧乏でほんとうに大変なころ、夜半のみんなのうたでカゼノトオリミチを聞いて、堀下さんのファンになりました。気が付けば、今では2女児の父親(4歳と2歳)になりまして、なんだかあの頃が遠い昔のようで、時折思い出すように堀下さんの歌をお聞きしています。
うちも上のおねえちゃんが、この「ちょっとだけ」と同じ境遇で、保育園の先生から教えられて購入し、寝る前に一緒にいつも読んでいました。もうずいぶん姉妹の生活は慣れきて、けんかもすればおたがいたわったりもしながら、二人の成長をたのしみつつ、二人が寝静まったあとに、さっきちょうど「君とわらった」を聞いていて、ああ、自分が可能なかぎり彼女たちとよりそっていてあげたいなあ、と思ってかきこみさせていただきました。思い通りにはいかないだろうけど、いつでもそばにいるとよって言ってあげたいなあと。
今後とも子育て、音楽活動、がんばってくだい。たのしみにしております。
| nobuyuki | 2017/05/14 3:32 AM |
まず、さゆりさんに感謝します。
電子書籍作家のスタートを切らせて頂きました。
あるサイトで、電子書籍のエッセイ部門で7位前後をキープしています。
なかにし礼さんや佐藤愛子さんと並ぶレベルです。
温かなブログの読者の方々にも感謝です。
皆さん、大変な災難を乗り越えていますが、個人レベルでもあります。
人々が、破壊し合うことが無いことを望みます。
ネコや犬でも、水は欠かせません。
ヒトも水を与え合う気持ちで、生きましょう。
ありがとうございます。
| ラナイ(Standoup) | 2017/05/11 4:41 PM |
作家人生をかけます。
不適切なら、掲載せず、Standoupのペンネームを使います。
掲載されたら、本来のペンネーム、「ラナイ」を今後、使います。
2017年4月28日、Kindle等で電子書籍「アンドアイラブユウ」著者「ラナイ」を発売しました。
エッセイで、自分史で、闘病記です。
重い闘病記です。
でも、「産まれる」というのが共通するテーマです。
商業目的を超えて、ソウルメイト的な存在です。
今まで、自分を見守って下さった方々に感謝を込めて、捧げます。
4月28日というエンを感じて、投稿します。
新しい命を祝福します。
| Standoup | 2017/05/04 4:17 AM |
コメントする