<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 春風 | main | 今日からOAですね。 >>
2018.3.11 今日のつれづれ

今日想ってくれることは嬉しいし

たまに忘れる事がもしあったとしても

時々でいいから 今どうしてるかな?何してるのかな?なんて

ふっと それだけでもいいから

 

どうか忘れないで

思い出してくれたら

 

 

そんな風に思う今日です。

 

 

 

毎朝、河北新報の右下に載っている「行方不明者」の数が減ったかどうかを

真っ先に見て それが1日の始まり

 

河北新報には今も毎日載っているから。

 

相馬に帰ると 地元の夕方のテレビニュースでは

今も各地の放射線量がアナウンスされているし

放射線量を測るモニタリングポストは空間線量を赤い数字で表示してる

 

相馬ー福島道路が、ついに昨日、霊山まで開通したようで

早く通ってみたい

福島までだいぶ早く行けるようになったよね

 

松川浦大橋がいよいよもうすぐ再び通れるようになるようだ

7年前のあの日津波に持って行かれズタズタになった道路がどう蘇っているのだろう

また岩の子方面に行けるようになるのかな

子供達を乗せて早く走ってみたいな

あの橋の上からの景色 海の色を見せたい

 

震災後生まれた4歳になる娘が、相馬の海で貝殻を拾いたい、と言っていた

もう少し暖かくなったら拾いに連れて行こうかな

 

 

大切なともだち 大切な仲間 大切なひと

 

今までわたしと繋がってくれたたくさんの大事なひと

 

昔からの知り合いも

7年前の今日にはまだ知り合っていない、出会っていなかった人もたくさんいる

 

 

悲しい事たくさんあったけれど

あの時があって 今があるのだと

思います。

 

 

今日は父の月命日でもあり

父が生きていたらなんて言ったかな って

よく考えるけど

 

静かに笑っているのかな

そんな穏やかな人だったから

 

 

会えなくなったけど

胸の中にいるのです

 

いつかまた会えるその日まで

生かされた「今日」を精一杯生きていかなければ

 

 

そしてわたしは 二人の子どもを なんとしても守らなければ

そして少しでも いい未来を残さなきゃね 伝えるべきことを伝えなきゃね

 

 

そんなことを思います

 

 

亡くなったたくさんの方々のいのちに祈りを

どうか 安らかにお眠り下さい

 

 

 

あの日から 夜は真っ暗だった海の方にも

少しずつ 灯りが灯るようになりました

 

7年前は こんな日がまた来るって思えなかった 悲しくて悲しくて

 

生かされた命を 精一杯生きよう。

- | comments(1) | -
コメント
この季節になると
桜、風桜をよく聴きます。
年月が経って変化したさゆり姉
変わらないさゆり姉の本質。
とにかく、今の堀下さゆりに会いに行きたいなぁ。またさゆり姉のライヴが観に行けますように☆
| カズミチ | 2018/04/02 12:20 AM |
コメントする