<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 三号機 | main | ウクレレの弦を張り替える。 >>
いつかは巣立つ君。

2歳の息子、プレ幼稚園通いがスタートしました。お姉ちゃんも通う幼稚園に、週一回。来年入園するまでに、慣らし保育という感じです。ママやお友達と一緒に、遊んだり製作したりおやつ食べたり。

息子、人見知りもそれほどせず、わりとグイグイいくタイプのようでした。笑。のびのび遊んで大きくなってね。

きょうだいでも性格が全然違うので、面白いなぁと思います。気質は生まれ持ったものなのかも、と。

早生まれだし、おしゃべりもまだ、一語文、二語文出てきたかな?というくらいの、ゆっくりの息子が、来年は幼稚園生なのかぁ。

毎日クルクル必死だけど、過ぎてみればあっという間なのでしょうか。

自分が18歳で家を出たので、この子たちも18歳になったら家を出て行くのかな?と心のどこかで考えるようにしています。離れていくのは寂しい、という気持ちもあるけど、この子たちにはこの子たちの人生があって、自分の世界にいつか羽ばたいていくんだよね。毎日一緒なのはきっと、自分で歩けるようになるまで。そう思うと、あれ?18歳って、遠いようでそう遠くない未来かも。

カウントダウンが始まった、と思ったら、忙しくて時々泣きたくなるような毎日も愛おしく思えてきます。

そんなことを考えながら、そして来年は小学生になるお姉ちゃんのランドセルをどれにするか迷いながら、今日も終わっていくのでした。

ランドセル選び。世間ではラン活というらしい。

KOSODATE | comments(0) | -
コメント
コメントする