<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ととのってきました。 | main | 台風から4日 >>
大好きなあなたへ

大好きだったおばが亡くなった。

逝ってしまった。

まだ信じられない。

小さな頃から、可愛がってくれたおばだった。

父の従兄弟であるおばは、よくうちに遊びに来て、面白い話をしてくれた。

よく笑い話をした。

お喋りが大好きで、女手一つで二人の子供を仕事をしながら育てたおばは、とても頑張り屋だ。

わたしが音楽の道に進んでからは、相馬だけじゃなく、仙台にも。近くでライブがあると必ずと言っていいほど観に来てくれて。

10周年記念でやった渋谷のマウントレーニアホールにも、父が亡くなってからはあまり積極的にライブに来なくなってしまったわたしの母を連れ、親戚たちを連れ応援に来てくれたおば。後日、「ライブ帰りにスカイツリーに行ってきたから」とお土産をくれたパワフルなおば。

子供が生まれると、まるで自分の孫のように可愛がってくれて。

いつも、手土産を持って現れるおばは、時々しか会わない幼い子供達でさえも名前を覚えるほどの存在感だった。

いつも人の心配をし。

ジョークを忘れないおばだった。

病を患ってからも、頑張って闘病したおば。

最後の最後まで、よく頑張ったね。

こんなに早く別れが来てしまうなんて、思わなかったよ。

ありがとう、千恵子おばちゃん。

あなたのこと、いつでも思い出すよ。

わたしがいつかそっちに行ったら、たくさん土産話ができるように、わたしももうちょっと頑張るね。

安らかに 眠っていてね。

また、必ず、会おうね。

大好きな千恵子おばちゃん。

- | comments(0) | -
コメント
コメントする