<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 明日は相新音楽祭 | main | 寒くなってきました >>
思いがけない再会と

昨日は地元相馬市と新地町の合同の小中学校の音楽祭「相新音楽祭」でした。

今年もお招きいただき、行ってきました。

毎年、各学校の小学5年生を中心に、子供たちが練習の成果を発表する音楽祭。

今年は、台風19号と21号の被害で開催を迷われたとのことでしたが、楽しみにしていた子供たちのために、先生方、関係者の皆様が開催に踏み切ったそうです。大変だったろうと思います。

福島県立相馬支援学校の皆さんが、来年から校舎が南相馬市鹿島区に新しく移転するということで、今年が最後の参加となったそうです。

みんな一生懸命、気持ちがこもったステージでした。。素晴らしかった。

思えば、自分も、13日以来、3週間ぶりに聴いた、音楽の生演奏でした。

そして思いがけない、再会がありました。

開会式を待つ間、控室で、若い先生に話しかけられました。

「わたし、『スマイル』で、『卒業』を一緒に歌いました。当時磯部中の3年生でした。」と。。。

2011年のあの夏、磯部中で「スマイル」のレコーディングを共にしたS君が、いま、なんと、小学校の先生になって相馬に戻ってきていたのでした。。

もう何だかわたし。。感激で。嬉しかったなぁT_T。。。

あの震災を乗り越えたあなただからこそ、今を生きる生徒さんたちに伝えられることが、きっと、たくさん、ある。

がんばって下さいね。

そして、話しかけて来てくれて、本当に、ありがとうございます。

忘れられない音楽祭となりました。

おうちが被災した子どもたちも多く、まだまだ、大変な日々が続くと思います。でも、参加した子どもたちの心の中に、きっと、思い出の1ページとして、残っていくのだろうなぁと。

閉会の言葉を聞きながら、じんわり思いました。

子供たちの歌声や演奏が、心の奥に、あたたかく、灯っています。

- | comments(0) | -
コメント
コメントする