<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< みずほ発表会 | main | チドリカルテットのライブに遊びに行ってきたよ >>
HEATWAVE 40th Anniversary TOUR2019 仙台公演を見て。

ようやく落ち着いてきた最近でした。

気がついたら冬がやって来て、もうすぐそこ。

大空に列をなし飛ぶ白鳥の群れも見ました。今年も遠い国から来たのか、お帰りなさい、と。

昨日は久しぶりに、ライブに、行って来れました。

HEATWAVEの40thの記念ツアー、仙台JUNK BOXにて。

山口洋さんのライブはよく観に行ってましたし、7月のMIX UP & BLENDでも佐山ちゃんとOAをやらせていただいた、あのプレシャスな時間は昨日のことのようです。

HEATWAVEのライブを見たのは7年ぶりでした。福島っこ音楽祭に、来てくれた、あの時以来だったのです。

もう本当に本当に素晴らしかった。。

3ピースになってからのHEATWAVEライブは、初めてだったけど、度肝を抜かれた、というか。その、進化、深化に。

2012年のツアーに、帯同させていただいたこと、宝物のような体験でした。圭一さんがバンドを離れたのは、1ファンとしては、寂しい気持ちがあります。でも、またそれぞれ、新しい道を歩んで来られたのだなぁ、と。池畑さんも、魚さんも、ヒロシさんも、あの時も凄すぎたのに、さらに、さらに、さらに進化している・・・というか、もっとガツンとした骨太のロックサウンドを想像していたのです。昨日のライブが始まるまでは。

でも、3ピースのHEATWAVEは、骨太で繊細で、センシティブで、ものすごくクリエイティブで。あぁ、自分の語彙力が足りない。ものすごく、カッコ良くて。その背中が、眩しくて。

最高に楽しかったのでした。

3人の、一体感。バンドって素敵だなぁ。常に、相手がどう出てくるかを、ちゃんと、待っている。音楽で会話する、うたう。池畑さんのドラム、シェイカー、魚さんのオルガンやシンセ、アコーディオン、ヒロシさんのギター、ハーモニカ、歌。アンサンブルが、胸に波のように迫ってくる。あれ?これってベースレスなんだった。全く感じさせない懐の広さ。サウンドの鮮やかなこと。

そして。PAをつとめていたヒロさん含め、4人の、一体感というか。

近年、セッションを重ね、高松、長野、そしてこの仙台、3カ所を一緒に作り上げて来た、4人の、阿吽の呼吸というか。何かそういったものさえ、感じて、何度も鳥肌が立ったのでした。

照明もとてもきれいだった。

なんて素敵なんだろう。

そして、会場のスタッフさんや、smokeさん、VORZ BARの皆さん、そば食堂やぶ信さん、皆さんの、HEATWAVE愛を感じ、あぁ、愛だなぁ、と。

ヒートする客席、わたしも夢中でした。

台風以来、ちょっと・・・。音楽を聴きたい気持ちになかなかなれなくて。

聴きたいと思えるようになってからも、片付けが忙しく、ライブにも行けない日々が続いていたけど、昨日、ようやくライブ復帰。

HEATWAVEを仙台で、見にいけて本当に良かった。

あんなライブが仙台で見られる奇跡!!!!!!!

MCのヒロシさんの言葉に、歴史を、そしてここから続く未来を感じた夜でした。

オープニングのコータローさんの呼び込みもまさかのサプライズ!!!!!で、もうほんとに素敵な時間だったなぁ。。。

また、仙台に、来て下さいね、兄さんたち。

結成、40周年、本当に、おめでとうございます。

眩しすぎる、背中です。

妹の家に預けた子どもを迎えに、急ぎ足で会場を後にしました。

心が少し、軽くなっていました。

- | comments(0) | -
コメント
コメントする