<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 風邪をひいたときには | main | 上を向いたり立ち止まったり。 >>
暮しの手帖
暮しの手帖、といえば、子供の頃、毎月うちに届いていたのを思い出す。
町の本屋から母が定期購入していて、本屋さんが毎月、届けに来てくれていたような。
その本屋はもう、店じまいしてしまった。


わたしは本屋が大好きだった。小学校の帰り、寄り道するなら文具店か本屋だった。並ぶ少女小説のタイトルを眺めるだけで楽しかった。また「りぼん」発売日前日に、本屋さんに行き今でいうフライングゲットする胸の高まり。


久しぶりに雑誌でも買おうかと本屋に行った。走り回ろうとする息子を止めながら、暮しの手帖を手にとる。
懐かしい。
丁寧な暮らしではなくても、というコピーがまた良い。

あの頃、お母さんが読む本、だと思っていた暮しの手帖。
わたしも読んでみるか。
どれどれ。

真っ先に読んだのは大貫妙子さんのエッセイだった。

- | comments(0) | -
コメント
コメントする