<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 暮しの手帖 | main | 春に逢おう >>
上を向いたり立ち止まったり。

元気ですか、みんな。

心がざわざわしますね。

 

大丈夫、大丈夫、おちついて。

そう自分に言い聞かせながら。

 

ちゃんと朝は来る、だから大丈夫、落ち着いていこう。

 

きっと少しずつ良くしていこう。わたしたちが。

 

 

空は春色になってきましたよね。

日射しが少し強くなってきたような気がします。

白い雲は、春の雲になってきています。

 

一昨日の夜の、首相の「3月2日から、小中高休校要請」で、親として、幼稚園はどうなるんだろう、と、気が気ではありませんでした。

娘はあと2週間で卒園式なのに、もしあしたでお友達とさよならになったらどうしよう、と・・・。

幼稚園の園長先生方が近隣の小学校などと協議して下さり、娘の通う幼稚園は自由登園、短縮できるところは短縮しますが、基本的にふつうどおり、ということになりました。まずは、安堵しています。これからまた状況が変わる可能性はありますが・・・。

さよならが出来ない悲しみを、思うからです。

 

9年前の震災の時にも、地震や原発事故のために離れ離れになった子供たちとたくさん、出会ってきました。卒園式が出来ないまま避難先各地で1年生になった子供たち。8月にようやく、保護者の皆さんのご尽力で開かれた保育園の卒園式でピアノを弾いたことを思い出します。

今回も、いきなり翌日が最後の登校になってしまった子たちがたくさんいるのかな・・・。その子やご家族の気持ちを思うとほんとうに胸が痛いです。

いつか、落ち着いたら、式が出来るといいですね。

いつか、きっと。

一刻もはやく、落ち着きますように。

 

からだがあたたまるよう、ネギをよく食べたり、ジンジャーシロップを飲んだり。

睡眠をなるべくとるようにしています。

 

必要な物質や支援が、一番ひつようとしている人たちのところに、届きますように。

 

明日はRECプリプロです。わたしはわたしの持ち場で、精一杯、頑張ります。

みんなも、こころ、元気でいてね。

 

 

ついしん:すてきなコメント下さったあなたへ

ありがとうございます。

わ、こんなふうになるんだなぁと、びっくりうれしい、ことばたちでした^^

- | comments(0) | -
コメント
コメントする