<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
堀下さゆり
1980年1月11日生まれのO型。福島県相馬市出身。
2002年オーディション番組をきっかけにインディーズデビュー、2005年2月16日にはビクターBabeStar LabelよりFull Album“カゼノトオリミチ”でメジャーデビュー。リード曲『カゼノトオリミチ』はNHK[みんなのうた]で放送され、スタジオジブリ作品を手がけるアニメーター望月智充氏、近藤勝也氏らとのコラボレーションが大きな反響を呼ぶ。
その後、東京・名古屋・大阪でのワンマンを含む各地でのライブ活動を行う傍ら、東海ラジオやFM愛知でラジオパーソナリティーを務める。
どこか懐かしさを感じさせる珠玉のメロディーメーカーぶりと、人の心の繊細な動きを描き出す歌詞は女性を中心に広い世代に支持され、自身のCDリリースと平行して作詞・楽曲提供、CMソングやテレビ音楽を手掛けるなど活動は多岐にわたる。
2011年3月11日、地元相馬市にて東日本大震災に遇う。「そうまさいがいFM」のパーソナリティ、避難所でのライブ等ボランティア活動も積極的に行う。2011年夏、福島の子ども達にもっともっと笑顔になってもらいたい…という一心で「福島の子ども達に笑顔をプロジェクト」を始動し、同年12月24日には福島県相双地区22校1307名参加のフルアルバム「スマイル:」」を完成させ参加児童全員にプレゼント。現在はその全収益金を福島の子ども達の為に寄付するという形でアルバムは全国発売となっており、収益金からはこれまでに地元の幼稚園へ楽器の寄付や地元の小中学校の合同音楽祭で使用される看板、アンプ類などになっている。
2012年6月17日にはシンガーソングライターのHARCOをプロデューサーに迎え5年ぶりとなるファン待望のオリジナルミニアルバム「fotonote(フォトノート)」をリリースし、同9月に全国ツアーファイナルとなる渋谷マウントレーニアホールで、これまでの集大成ともいえる10周年アニバーサリーワンマンライブを大盛況のうちに終了させる。
あたたかみのあるファニーボイスにPOPと刹那が同居した堀下ワールドは更に深みを増し、多くのミュージシャンからもリスペクトされ交流を温めている。一児の母となった現在は被災地となった東北、とりわけ故郷福島に寄り添いながら引き続きの復興支援活動と共に、自然体の音楽を全国へマイペースに発信中。ベビーとママの為のコンサートや子ども向けの作品参加等、さらに新たな活動の幅を拡げている。